事前準備に関するよくある質問

回答

電子入札等システムを利用するためにはどのような手続きが必要ですか?

ICカードを準備し,利用開始申請を行うと利用者登録番号が届きます。それに基づいて利用者登録を行ってください。

事前準備のページをご確認下さい。

利用開始申請はどのように行えばよいですか?

広島県土木建築局技術企画課に「利用開始申請書」を,郵送してください。

申請は常時受付けています。システム利用の準備を始めるときに行ってください。

なお,申請は各社1回のみ行います。変更があったときには「変更届」を提出してください。

申請書は事前準備よりダウンロードできます。

利用開始通知書は,利用開始申請書を提出後,どのぐらいで届きますか?

通常,2週間前後で発送しています。

入札参加資格の電子申請等で,期日がある場合は余裕を持って早めに申請してください。

利用開始申請はどうして代表権限がある役員でなければならないのですか?

本システムは複数の自治体が共同利用しています。

これまでの入札契約手続では,各自治体に年間委任状を提出した上で,受任者が手続を行っていました。

しかし,共同利用の場合,各自治体に委任状が出ているかシステム管理者が入札前に確認することは困難です。

このため,自身で会社を代表し入札等を行うことができる,代表役員の方に名義人を限定させていただいていますので,ご理解のほどお願いいたします。

なお,実際には代表役員名義のICカードを使って支店等が入札する運用を想定しています。

落札者との契約は,これまでどおり受任者と結ぶことができます。

電子入札等システムが動作するパソコンのOSは何がありますか?

動作確認されているOSは,機器等の要件のページでご確認ください。

※ICカードの各認証局によって対応しているバージョンが異なります。ICカードを取得した認証局にご確認下さい。

電子入札等システムが動作するインターネットのブラウザは何がありますか?

※ICカードの各認証局によって対応しているバージョンが異なります。ICカードを取得した認証局にご確認下さい。

動作確認されているブラウザは,機器等の要件のページでご確認ください。

※ICカードの各認証局によって対応しているバージョンが異なります。ICカードを取得した認証局にご確認下さい。